Min Pin Jin and Yui

--.--.-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009.02.03 ペットは一生家族~Forever Together~





月曜日は久しぶりに六本木へ行ってきました。


ミニピン友達のラグ☆さんのお友達が主催されているフォト展を見てきました。



その日は仁の親戚さん、ユンタ君のママのラグさんめめさん
ソフィーちゃんのママさんともう一人(お名前伺ってませんでした。すみません・・・)
と一緒にまずは六本木ヒルズでお食事しました。

最近仕事以外では都心にほとんど足を運ばなくなった私・・・
六本木も行ってみたら以外と家から近くて、新鮮な感じでした。



そうそう、都営大江戸線(?)が出来てから、六本木までなんと47分でいけちゃうんです。
便利になりました。

でも、もう出来て何年も経つのに一度も利用していません。
その日の集りも日比谷線の改札前だったので、恵比寿で乗り換えして行ったし
昔からその行きかたしか知らないし


ランチはイタリアンレストランにて美味しい「グリル・フィッシュ・サラダ」をいただきました
皆さんはパスタを頼まれてました。

相変わらずイタリアンに行ってもパスタを頼まない私・・・ちょっとKYかしら
ディッシュ・サラダが大好きなので、いつもパンと一緒に頼むのが好き
それかサラダピッツアかな~


やっぱ六本木ヒルズだけあって、レストランもオシャレな雰囲気だったので、
なんだかセレブになった気分










DSCF3331_convert_20090203215905.jpg



もしろんお味もGOODでしたよ!




食後はフォト展へ~


フォト展は動物愛護保護団体の方々が主催されていて、
保健所に連れていかれたワンちゃんたちのその後の姿を
写真で伝えていました。ペットを飼うにあたっての私たちの
モラルとマナーの向上を写真を通じてメッセージとして伝えていました。



正直なところ、捨てられた犬がこんなにも残酷で無残にも処分されて
しまっている現実を知らなかったので、最初写真を見ていて悲しい
という感情ではなく、なんでこんなことをするのだろうか・・・という疑問が
頭をめぐりながら見ていました。

でも、ある写真が私の心を捉えました。ある保健所に連れて行かれた
ラブラドールのワンちゃんが実家のラッキーにそっくりで、鉄ポールの隙間から
こっちを悲しそうな目で見つめているのを見て、思わず涙が出てしまいました。

人間の勝手で捨てられ、処分されてしまうワンちゃんたちがこんなにも
たくさんいる現実に驚いたと同時に命の大切さに気づかされたフォト展でした。

中には里親さんが見つかって、また新たに幸せな人生を送っている
ワンちゃんもいました。
飼い主さんもワンちゃんも本当に幸せそうな顔をしていました。



実家のラッキーも、仁も、死ぬまで一緒だからね。
一緒にたくさん楽しい思い出を作って行きたいです。
それが私たちにとっても幸せだから。


今回のフォト展はいろいろ考えさせられる有意義なものでした。
また自分にも何か出来ないか、ちょっと考えてみたいと思います。




フォト展のあとは、残念ながら私が夜レッスンがあったので、
皆さんとお別れして先にいったん帰宅しました。

そして仁がいい子にお留守番していたのを見て、胸がいっぱいになりました。

思わずHUG&CHU


最近仕事でも忙しくなって、寂しい思いをさせてしまってごめんね






DSCF3336_convert_20090203220021.jpg

寂しかったよー と目をウルウルさせていた仁
こんなお顔をされたらHUG&CHUしたくなるよね



寂しかった?



DSCF3337_convert_20090203220127.jpg

うん





もうすぐJさんも帰ってくるからね!
そしたら一緒にたくさん遊ぼうね!


DSCF3340_convert_20090203220234.jpg

うん お願いしまする
(とっても礼儀正しい仁さんなのでした!)





たくさん遊んでもらった後の仁は、すっきりしたのか、堂々とした
お顔に変わってます



DSCF3344_convert_20090203220354.jpg

フッ スッキリしたぜ!


DSCF3346_convert_20090203220458.jpg

聞き分けも良いぞ!


いつもありがとうね



また今週も公園でたくさん遊ぼうね







スポンサーサイト

私にも出来る事が無いでしょうか・・・。
ほんの少ししか出来ないと思うけど。いつもそんな気持ちでいます。
2009.02.04 08:22 | URL | ふーちゃん(ちょこらママ) | 編集
ふーちゃんさん、

私も今回のフォト展でいろいろ気づかされたこと
があり、今後サポートできることなどあれば、
少しづつしていきたいと思っています。

ふーちゃんさんのほんの少しでも何かしたい・・・
気持ちがとても大切なのではないかと思います。
私も今そのような気持ちです。

出来ることからはじめてみたいです。
2009.02.04 21:05 | URL | Johnny | 編集
月曜日、お疲れ様でした。
とても意義のある考えさせられるフォト展…。
こういう企画は頻繁にすべきだよね。
先立つモノは国がなんとかしろ~って思う。。。
どっかの官僚が無駄に税金使ってるんだからさ!プンプン

仁くんはジョニー家に迎えられたこと、
ちゃんと意味がある。そして偶然ではなく必然。
ますます愛おしくなるわよね^^
2009.02.04 21:59 | URL | ラグ☆ | 編集
こちらこそ、お誘いいただき有難うございました。
私もいろいろとお勉強になりました。

イギリスや他のヨーロッパ諸国では動物愛護に
国が率先して力を入れているみたいですが、
日本ではまだまだのようですね。

仁はうちに来て幸せだと思います。
(そう思いたいです!)
仁とはこれからいろいろドッグスポーツを
通じて信頼関係をよりいっそう深めていきたい
です。
2009.02.05 11:44 | URL | Johnny | 編集
  管理者にだけ公開する


トラックバックURL
http://jinshouse.blog121.fc2.com/tb.php/27-7129a12c


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。